When the heart turns White and Black

白黒つけたい!?バレンタインデー~日本と韓国事情~

88
Photo by / Silvia Cardullo illo by / PSU Vanguard

The smell of chocolates and flowers fills the air all over the United States on Feb. 14. The same is true in Japan and South Korea, but their Valentine’s Day traditions are a little different.

Women in Japan and South Korea traditionally give chocolates and other treats to male friends and coworkers, as well as to boyfriends, husbands and men they are interested in. In Japanese, chocolates for male friends are called giri-choco, or “obligation chocolate.” Chocolates given to romantic interests, on the other hand, are called honmei-choco, or “true feeling chocolate,” and are usually more elaborate.

“If it is a guy I like, I would make him a cake,” said Japanese student Yukako Ishigaki. “[For] others I would just give a lot of cheap chocolates.”

Where does this tradition come from? Some say it originated as a marketing scheme by companies that were trying to promote chocolate sales. “When I was a kid, my parents told me that on Valentine’s Day girls give boys chocolates,” said Intensive English Learning Program student Takamasa Hasegawa.

On March 14, one month after Valentine’s Day, people in Japan and South Korea celebrate White Day, when men return the favor by giving chocolates back to women they are interested in.

Alternatively, Black Day, April 14, is specifically for single people who didn’t receive gifts on either Valentine’s Day or White Day. People traditionally eat black bean noodles known as jajangmyeon. Korean IELP student Boran Chot explained,“If you used a color to refer to people not dating anyone, you would use black. That is the reason that you eat black bean noodles.”

In the past, Chot celebrated Valentine’s Day and White Day every year, but because she is studying abroad, she said this year might be different. “I [will] probably eat jajangmyeon alone on Black Day.”

 

チョコの甘い匂いと花の香りが町中にあふれる2月14日の「バレンタインデー」。米国では、カップルが花などを贈って愛情を伝え合う日とされているが、日本や韓国はちょっと異なる。日本では女性が男性にチョコレートを贈る日であり、バレンタインデーから1か月後の3月14日は、男性が女性にお返しのクッキーなどを贈る「ホワイトデー」がある。韓国では贈り物などを受け取れなかった独身男女が4月14日に黒いタレをかけたチャジャンミョン(韓国風パスタ)を食べる「ブラックデー」も存在する。

なぜ男性はバレンタインデーに女性からチョコをもらうのか。日本では製菓業者が販売促進のために普及し、定着したとされる。インテンシブ・イングリッシュ・ランゲージ・プログラム(IELP)に所属する日本出身の長谷川貴政さんは「小さいころから、男性は女性からチョコをもらうと両親から聞いた」と振り返る。

バレンタインデーに、日本では女性が好きな男性だけでなく、男性の友人や同僚にもチョコを贈る。好きな男性に渡すのが「本命チョコ」、そうでない男性に「義理チョコ」を配るのだ。IELPで英語を学んでいる日本出身の石垣佑佳子さんは「好きな男性には手作りケーキを上げるが、それ以外の男性は大量生産できるクッキーなどにする」と語り、「本命」と「義理」には明確な差をつけるという。

一方で、韓国ではバレンタインデーとホワイトデーの両日、どちらもチョコなどをもらえなかった人はチャジャンミョンを食べる。IELPで学ぶ韓国人女性のチェ・ボランさんは「恋人がいないことで心が黒くなるだろうと思われ、黒いタレをかけたチャジャンミョンを食べることも習慣になった」と説明した。これまで毎年恋人とバレンタインデーとホワイトデーを過ごしてきたチェさんは「今年は留学しているので、4月14日に一人でチャジャンミョンを食べようかな」と苦笑いした。

 

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here